東京トリムテック株式会社
メニュー
アスベスト対策
大気中に飛散したアスベストは、二度ととらえることができない。だから…

イメージ写真

私たちの生活に大きく貢献してきたアスベスト(石綿)に、発ガン性物質が含まれていたことは大変不幸なことでした。しかし、人体に有害であることが判明した以上、そのツケを後世に回すことは許されません。
建築物や建材製品等には相当量のアスベストが含有されているものがあり、これらを一挙に取り除くことは不可能で、処理にはかなりの時間を要するものと思われます。
当社はこのアスベスト公害処理について長年研究を重ねた上、昭和62年に日本で最初のアスベスト処理専門会社として設立。以来、現在までに施工実績は5,000件に及びます。
アスベストの除去または封じ込め工事につきましては、工事作業場周辺の居住者の皆さまに対する環境安全を第一義に、アスベスト粉塵の飛散を完全に防止することを絶対条件として考え、実行してきました。そのため、アスベストの中間処理と廃棄処分につきましても、中間処理は自社工場で行い、また、廃棄処分も自社の遮断最終処分場で行うなどの完全な一貫体制を保っています。
「一度大気中に飛散したアスベストは、二度と人間の手でとらえることはできない」ことを深く認識し、十分な管理体制と完全なる処分方法により、安全の上にも安全を期して対処しています。
任せて安心の一貫体制
事前の調査・診断から、アスベスト除去工事、最終処分まで、お客様のアスベスト対策を一貫サポート。アスベスト対策は、トリムテックにお任せください。
事前調査・診断

圧倒的な実績
当社は昭和62年にアスベスト対策専門会社として設立。J・P・Iシステム(除去工法)は、日本建築センター及び建築保全センターが行う「建築物等の保全技術・技術審査証明事業」の第一号認定を取得。
十分な実績と信頼で安心してご用命いただけます。
アスベスト除去工事

革新の技術力
煙突アスベストライニング材除去装置「カポトール」は、当社と清水建設株式会社が共同で開発した革新の特許技術です。
カポトール

ゼロ・エミッション
アスベスト保温材・断熱材が使用されている配管エルボや機器類は、現場でアスベストを除去せず、当社の中間処理場に持ち帰って除去・分別することでコストダウンを図ると同時に、スクラップの再生利用を推進。
高温溶融処理によるアスベストの無害化・再資源化の積極的推進と併せ、ゼロ・エミッション型社会の実現に貢献しています。
保温材等の処理/ゼロ・エミッション

信頼の設備
除去されたアスベストを中間処理(コンクリート固化)する専用施設を保有しています。
中間処理

無二の存在
次世代型クローズドシステム処分施設といわれる遮断型最終処分場。アスベストを埋め立てる遮断型最終処分場を保有するアスベスト専門工事業者は当社だけです。
最終処分


環境省 石綿(アスベスト)に関するパンフレット
厚生労働省 建築物等の解体等の作業における石綿対策
Copyright(C)2006 TRIMTEC Co.,Ltd. All Rights Reserved.