東京トリムテック株式会社
メニュー
INFORMATION

2011.02.07

廃掃法施行令の改正について

環境省は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃掃法)」施行令を改正し、2011年4月1日に施行(予定)され、廃石綿等の埋立処分を行う場合には、あらかじめ固形化、薬剤による安定化、その他これに準ずる措置を講じた後、耐水性の材料で二重こん包することが義務付けられます。

当社では創業当初より一貫して、アスベスト除去作業時に散布する飛散抑制剤・防止剤により安定化され、耐水性の材料で二重こん包された廃石綿を、認可された中間処理施設に搬入し、コンクリート固化を行っています。
また、埋立処分時のアスベスト粉じん再飛散リスク防止のため、コンクリート固化後の廃石綿の十分な強度・品質を確保した上で再度二重こん包し、最終処分を行っています。

※詳細は下記をご参照ください。
アスベスト対策/中間処理

一覧へ戻る

Copyright(C)2006 TRIMTEC Co.,Ltd. All Rights Reserved.