本文へ移動

除去工事

 
 
吹付けアスベストも
アスベスト含有建築用仕上塗材も
アスベスト除去工事は
老舗のトリムテックに
安心してお任せください!
 
 

圧倒的な実績に裏打ちされた信頼の技術力

トリムテックは、国内で初めて学校や公営住宅等の吹付けアスベストが社会問題化した昭和62年、新聞やテレビなどマスコミ注視の中、
日本で最初のアスベスト対策専門会社として設立。
以来、当社の施工実績は5,000件に及びます。

屋根断熱材・耐火被覆工事等の豊富な施工実績・ノウハウを有し、日本国内に先んじてアスベストが社会問題化していた欧米諸国におけるアスベスト処理技術について長年研究を重ねていた「東京スプレー株式会社(昭和44年設立)」を親会社に持ちます。
また、平成17年6月の「クボタショック」に起因するアスベスト問題の再熱に際しても、当社の十分な実績と技術力を評価いただき、中央省庁・地方自治体を始めとする膨大なアスベスト調査・対策のご依頼・ご相談を賜ると共に、報道各社からも連日多くの取材協力の要請をいただきました。
 
 
 
 

J・P・I システム(除去工法)

(財)日本建築センター BCJ-審査証明- 63
J・P・I システム(除去工法)は、当社を含む日本石綿製品工業会(現 JATI協会)石綿処理部会メンバー8社(現在は5社)で共同開発した吹付け石綿粉じん飛散防止処理技術です。
平成2年、石綿処理工事として技術・管理面とも安全かつ適格なものであることを公的に証明するものとして、当時の建設省から委託された日本建築センター及び建築保全センターが行う「建築物等の保全技術・技術審査証明事業(昭和63年9月27日建設省告示第1887号)」の第一号認定を取得しました。
 

ASP除去工法

(財)日本建築センター BCJ-審査証明- 91
当社は、清水建設株式会社が保有するアスベスト粉じん飛散防止処理技術ASP工法(除去工法)の普及協力会員として、ASP工法の活用と普及に努めています。
 
 
 

トリムテックのアスベスト含有建築用仕上塗材除去工事

学校施設の外壁・集合住宅の共用部など建築物等の内外装に用いられる
アスベスト含有建築用仕上塗材・下地調整材の除去も、
トリムテックにお任せください!

既に十分な実績を積み重ねています。

アスベスト含有建築用仕上塗材の調査・含有分析の実績はもちろん、集じん装置付き超高圧水洗工法集じん装置付きディスクグラインダーケレン工法剥離剤併用工法など施工条件に応じた各種工法を用いた除去処理工事を多数行っています。

飛散防止措置を徹底しています。

「建築物の改修・解体時における石綿含有建築用仕上塗材 からの石綿粉じん飛散防止処理技術指針 」(平成28年4月28日、国立研究開発法人建築研究所 ・日本建築仕上材工業会)
「石綿飛散漏洩防止対策徹底マニュアル[2.20 版]」(平成 30 年3月 厚生労働省)
「石綿含有仕上塗材の除去等作業における石綿飛散防止対策について」(平成29年5月30日、環水大大第1705301号)
等に準拠した適切な飛散防止措置を講じて施工しています。
 
 
 

粉じん飛散・ばく露リスクの徹底排除

徹底した飛散防止策と厳しい管理で、周辺環境への粉じん飛散リスク、作業員の粉じんばく露リスクを排除します。

リアルタイム粉じん濃度管理

微差圧記録計による常時負圧管理

クリーンルームの設置
性能試験済み負圧除じん装置の稼働
粉じん飛散抑制剤・防止剤の 散布
 
 
 

徹底した安全衛生教育と管理

施工品質の維持向上・安全施工の実現を目的とした、様々な取り組みを行っています。

品質安全管理講習会の開催

当社では、毎年6月に全社員及び協力会社全作業員が集い、「品質安全管理講習会」を開催。
全社を挙げて施工品質の維持向上と安全衛生の確保に努めています。
※講習内容等の詳細はこちらをご覧ください
 

「石綿作業管理手帳」の導入

当社社員及び協力会社作業員の石綿作業履歴、教育履歴、健康診断履歴等を、独自の「石綿作業管理手帳」により一元管理
 
 
 
 
 
 
お電話でのお問合せ
03-3492-3430
お気軽にお問合せください。
東京トリムテック株式会社
〒141-0031
東京都品川区西五反田1-25-1 KANOビル
TEL.03-3492-3430
FAX.03-3492-6394
■アスベスト対策事業
■ダイオキシン類対策事業
■産業廃棄物の収集運搬・処分
■特別管理産業廃棄物の収集運搬・処分
■内装仕上工事
TOPへ戻る